吉源工務店で働く私たちの日々の出来事や思いを
綴っていきます。


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
NewEntry
Category
Archives
Links
Profile
Recommend
Other
Mobile
qrcode
言葉ひとつ

最近はコロナウイルスのニュースばかりですね。

そのニュースのひとつにドラッグストアで働く方のツイートがありました。

 

「コロナよりも怖いのは人間だった・・・」

マスクだけでなく、トイレットペーパーなども品切れの日々。

毎朝の行列、問い合わせ電話が殺到する日々。

「入荷はいつ?」「いつもないじゃない!」「1つくらい取置してよ!」

今まで笑顔だったお客様がイライラし殺気立っていて全員鬼に見えると。

申し訳ありません、すみませんと毎日いい続けノイローゼになりそうと吐露されていました。

 

なんて悲しいニュースだと思いませんか?

在庫がないことは店員さんのせいでもなんでもないはずなのに・・

 

私も実はトイレットペーパーが2ロールしかなくどこにも在庫がない状況に焦りを感じていました。

先日2連休を頂き、どうにかこの連休中に確保したいとドラッグストアを巡りました。

1日目はどこにいってもダメで、2日目、ここも今日もダメかぁと諦めかけていたところ、大きなトラックが到着しました!

たくさんの納品が入ってくるんですが、なかなかトイレットペーパーらしきものはありません。

このニュースをみた後だったので、店員さんに聞きたい気持ちと、きっと毎日の様に聞かれ嫌気がさしているんじゃないかという申し訳なさで何度も葛藤しました。

情けない話ですが、焦りもあって結局自分に負けて聞いてしまったんです。

「こんなことをお聞きして本当に申し訳ありませんが、トイレットペーパーがあと2ロールしかなくて・・今のこの納品の中にトイレットペーパーはありそうですか?」

すると店員さんから思ってもいない言葉を頂いたんです。

「トイレットペーパーはとにかく大きなダンボールなので、この納品にはないと思います。本当に必要な方に行き届かなくて申し訳ありません。私の分けてあげれたらいいのに・・・」

とあまりに優しい言葉に泣きそうになりました。

こんな状況で自分のものを分けてあげれたらなんて普通いえないと思います。

 

ドラッグストアの方たちも、いつコロナウイルスに感染するかわからない中でも、店頭に立ってくださっていることにもっと感謝してもいいんじゃないでしょうか?

「入荷はいつ?」「なんで?」という言葉ではなく

「ありがとうございます。」「がんばってください」という言葉をもっと伝えられたらと思います。

言葉ひとつ、言い方ひとつで相手を追い込んで傷つけることもありますし、逆に心が救われることもあると思います。

 

長くなってしまってすみません。読んでくださってありがとうございます。

コロナウイルスが早く終息することを願います。

 

ちなみに、違うお店でトイレットペーパーは買うことが出来ました!

ただ、どのお店でもそれのためだけにお店に行くのは申し訳なく、巡る巡るお店で化粧品や柔軟剤、ハイターなど買っていたら

トイレットペーパーではない大量のストックに主人からなにを買いに行ってたの?とツッコまれてしまいました(✽ ゚д゚ ✽)笑

 

富永

 

 

 

 



- -
スポンサーサイト


- -



(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.